読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIJI.COM 疑似通信

架空の記事を配信します

2020東京五輪に「10月10日開催案」が浮上

 リオデジャネイロオリンピックが終わり、2020年の東京へオリンピックが引き継がれたわけだが、その2020年東京オリンピックを1964年の東京オリンピックと同じ10月10日に開催するという案が出ている。

 ことの発端は、リオデジャネイロオリンピック閉会式の後、安倍晋三総理と小池百合子東京都知事がIOCのバッハ会長が非公式の会合を持ったときのこと。バッハ会長が、閉会式での日本の演出について、「東京はドラえもんがいるから、(リオと違って)大丈夫だね」と話した。それに対して、安倍総理が「ドラえもんの道具に台風をなくす道具があったかな」と返した。そこで、ちょうど東京に台風が3つも来ていることが話題になり、バッハ会長が「それは大変だ」と驚いた。すると、小池知事が「それに東京は今の時期、非常に暑い。最高気温が36度を越すことが連日続いている。先月の選挙の時には私も倒れそうになった」と話した。そこで、バッハ会長が「東京は本当に大丈夫なのか」と懸念を示す事態になり、時期の変更することを検討する内諾を得たという。

 時期の変更が検討されているにはもう一つ理由がある。それは、野球・ソフトボールが追加競技として認められたことだ。追加競技決定の際に、IOC理事会では、「世界の一流プレーヤーが参加することを希望する」と、大リーグプレーヤーが参加することを希望条項として付した。しかし、夏は大リーグとしてもペナントレースの真っ最中であり、オリンピックに出場して負傷などがあることを考えると、高額の契約料を払っているということもあり、オリンピック出場を認めるわけにはいかないという事情がある。秋であれば、ペナントレースの方向性が見えているので、オリンピック出場を認める可能性があるということだ。

 オリンピックの夏季開催は、オリンピックの最大のスポンサーであるNBC、CBS、ABCのアメリカ三大ネットワークの意向が絡んでいた。アメリカでは9月が番組の改編期にあたるため、8月に視聴率が期待できる優良コンテンツを持ってきたいわけだ。ただ、三大ネットワークとしてもメジャーリーガーが参加しないオリンピック野球競技では視聴率を期待できない。

 今後、メジャーリーグベースボール機構(MLB)機構の意向が注目される。